ルイス・デンフェルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・デンフェルド
Louis Emil Denfeld
Louis E. Denfeld.jpg
ルイス・デンフェルド海軍大将
生誕 1891年4月13日
マサチューセッツ州 ウエストボロウ
死没 1972年3月28日(満80歳没)
マサチューセッツ州 ウエストボロウ
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1912 - 1950
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

ルイス・エミール・デンフェルドLouis Emil Denfeld, 1891年4月13日 - 1972年3月28日)は、アメリカ合衆国の軍人、海軍大将第二次世界大戦時に艦隊指揮でいくつかの著しい戦果を上げ、戦後は太平洋艦隊を指揮した。1947年12月15日から1949年11月1日まで第11代海軍作戦部長を務めた。

デンフェルドはマサチューセッツ州ウェストボローで生まれ、1912年に海軍兵学校を卒業した。1919年に駆逐艦マッコール(USS McCall, DD-28)の艦長に就任する。1923年から24年まで潜水艦S-24(USS S-24, SS-129)を指揮し、その後1935年から1937年まで第11駆逐艦戦隊を指揮した。

デンフェルドは1939年に海軍作戦部長補佐を務め、その後第18駆逐艦部隊を指揮、続いて第1駆逐艦戦隊を1941年まで指揮する。1941年には大西洋艦隊支援部隊の司令官補佐を務め、1942年に航海局の副局長となる。1945年には第9戦艦部隊を指揮、その後人事局長に指名され、1947年には太平洋艦隊の指揮官に就任する。

1947年2月28日にデンフェルドはジョン・タワーズ大将に代わって、マーシャル諸島カロリン諸島およびマリアナ諸島の軍政長官に指名された。

デンフェルドは1947年12月15日に海軍作戦部長に就任する。その任期中に空軍海軍の国防予算配分をめぐる「提督たちの反乱」が生じ、彼は1949年11月1日にフランシス・マシューズ海軍長官によって更迭され、1950年に退役した。

デンフェルドはマサチューセッツ州ウェストボローで死去した。

先代:
チェスター・ニミッツ
アメリカ海軍作戦部長
1947 - 1949
次代:
フォレスト・シャーマン