リン化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リン化物(リンかぶつ、: phosphide)は、リンがそれより陽性な原子または原子団と形成する化合物である。二元化合物は電気陰性度の小さな元素の大部分と形成するが、水銀アンチモンビスマステルルポロニウムの例外がある[1]。元素によって化学量論的な幅があり、たとえば、カリウムは9個 (K3P, K4P3, K5P4, KP, K4P6, K3P7, K3P11, KP10.3, KP15)、ニッケルは8個 (Ni3P, Ni5P2, Ni12P5, NiP2, Ni5P4, NiP, NiP2, NiP3) のリン化物を持つ[1]

分類[編集]

リン化物の分類は難しいが[2]、構造と反応性で大雑把に分けることができる[1]

K4P3 で見られる P34− と、K5P4 で見られる P45− の2種のポリリン化物イオンは両方とも価電子が奇数個で、常磁性のラジカルアニオンである[1]

リン化物の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d H.G. Von Schnering, W. Hönle Phosphides - Solid state chemistry Encyclopedia of Inorganic Chemistry Ed. R. Bruce King (1994) John wiley & Sons ISBN 0 471 93620 0
  2. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  3. ^ Chemical vapour deposition of group Vb metal phosphide thin films C. S. Blackman, C. J. Carmalt, S. A. O'Neill, I. P. Parkin, K. C. Molloy and L. Apostolico J. Mater. Chem., 2003, 13, 1930 - 1935, doi:10.1039/b304084b

関連項目[編集]