リンカーン弁護士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンカーン弁護士
The Lincoln Lawyer
著者 マイクル・コナリー
訳者 古沢嘉通
発行日 アメリカ合衆国の旗 2005年10月3日
日本の旗 2009年6月12日
発行元 アメリカ合衆国の旗 リトル・ブラウン
日本の旗 講談社
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
コード 日本の旗
上巻:ISBN 978-4-06-276392-9
下巻:ISBN 978-4-06-276393-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リンカーン弁護士』(リンカーンべんごし、原題:The Lincoln Lawyer)は、マイクル・コナリー2005年に発表したアメリカ合衆国の犯罪小説。刑事弁護士「ミッキー・ハラー」シリーズの第1作目である。

日本では2009年6月に講談社から古沢嘉通の翻訳で文庫本が出版された[1]。また、シリーズ2作目『The Brass Verdict』(2008年)も『真鍮の評決 リンカーン弁護士』の邦題で2012年1月に同社から出版されている[2]

2011年には同名タイトルで映画化されている(日本での公開は2012年)。

あらすじ[編集]

ロサンゼルスの刑事弁護士ミッキー・ハラーは、高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりに使い、刑事事件の容疑者側から細かく報酬を稼いでいる「ちょい悪」な弁護士である。そんなハラーに暴行容疑で逮捕された資産家の息子ルイス・ルーレから弁護依頼が来る。

登場人物[編集]

  • ミック・ハラー: 刑事弁護士。
  • マーガレット・マクファーソン: ハラーの元妻。検事。
  • ルイス・ロス・ルーレ: 容疑者。資産家の息子。
  • テッド・ミントン: ルーレの事件の担当検事。

受賞歴[編集]

ノミネート
その他

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NDL-OPAC - 書誌ID 000010248084”. 国立国会図書館. 2012年6月6日閲覧。
    NDL-OPAC - 書誌ID 000010248081”. 国立国会図書館. 2012年6月6日閲覧。
  2. ^ NDL-OPAC - 書誌ID 000023271880”. 国立国会図書館. 2012年6月6日閲覧。
    NDL-OPAC - 書誌ID 000023271882”. 国立国会図書館. 2012年6月6日閲覧。