リンカーン弁護士 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンカーン弁護士
The Lincoln Lawyer
監督 ブラッド・ファーマン
脚本 ジョン・ロマーノ
原作 マイクル・コナリー
製作 シドニー・キンメル
トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
リチャード・ライト
スコット・スタインドーフ
製作総指揮 エリック・リード
デビッド・カーン
ブルース・トール
出演者 マシュー・マコノヒー
マリサ・トメイ
ライアン・フィリップ
ウィリアム・H・メイシー
ジョシュ・ルーカス
音楽 クリフ・マルティネス
撮影 ルーカス・エトリン
編集 ジェフ・マカヴォイ
製作会社 ライオンズゲート
レイクショア・エンターテインメント
シドニー・キンメル・エンタテインメント
ストーン・ヴィレッジ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年3月18日
日本の旗 2012年7月14日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $58,009,200[1]
世界の旗 $75,009,200[1]
テンプレートを表示

リンカーン弁護士』(リンカーンべんごし、The Lincoln Lawyer)は、2011年アメリカ合衆国の映画マイクル・コナリー同名小説を原作としている。

第38回サターン賞アクション/アドベンチャー映画賞にノミネートされた[2](受賞はならず)。

ストーリー[編集]

ミック・ハラーはLAで活動している刑事専門の弁護士である。いつもリンカーン・タウンカーでLAの裁判所を巡回して金になる仕事を探し歩いている。そんなある日、保釈金金融業者のバルからイングルウッドで金になる一件があると教えられる。バルによれば金持ちの不動産業者の息子ルイス・ルーレが強襲とレイプの容疑で逮捕されたと言う。そこで、イングルウッドの裁判所でルーレと面会して100万ドルの保釈金でなんとか保釈を勝ち取る。ミックがルーレの件を担当する一方、検察側はルーレの担当をミックの前妻のマギーからミントンに交代させる。ルーレは強く無実を主張し、被害者の女性に嵌められたと言い張る。一方、新たに担当となった検事のミントンは強気な態度を示す。ミックは調査員のフランク・レビンと共に事件の真相を追ううちに、この一件が以前自分が担当して無実を主張する被告に死刑の代わりの無期懲役という司法取引に応じさせた強姦殺人事件と酷似している事に気がつく。やがて、ルーレ自身がその一件について「自分が殺った」とミックに対してあっさり認めたのだが、ミックとルーレの会話は弁護人と依頼人との間で守秘義務があり、これを破れば法曹資格を失ってしまう。ルーレの裁判の弁護を続けながら、ミックは守秘義務の壁を越えて過去の過ちを正そうと奮闘する。

キャスト[編集]

ミック・ハラー
演 - マシュー・マコノヒー、吹替 - 檀臣幸
刑事弁護士。高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりに使う。
マギー・マクファーソン
演 - マリサ・トメイ、吹替 - 有賀由樹子
検事。ミックの元妻で娘ヘイリーと2人暮らし。
ルイス・ルーレ
演 - ライアン・フィリップ、吹替 - 高口公介
容疑者。資産家の息子で遊び人。32歳。
フランク・レヴィン
演 - ウィリアム・H・メイシー、吹替 - 板取政明
私立探偵。ミックの親友で調査員として働く。
テッド・ミントン
演 - ジョシュ・ルーカス
ルイスの事件の担当検事。野心家。
ヴァル・ヴァレンツェラ
演 - ジョン・レグイザモ、吹替 - 寸石和弘
保証金立替業者。ミックにルイスを紹介する。
ヘスス・マルティネス
演 - マイケル・ペーニャ、吹替 - 河合みのる
ミックがかつて弁護を担当し、終身刑で服役中の男。
セシル・ドブス
演 - ボブ・ガントン
ルイスの母(の会社)の顧問弁護士
メアリー・ウィンザー
演 - フランシス・フィッシャー
ルイスの母。不動産会社経営。
ランクフォード刑事
演 - ブライアン・クランストン
フランク殺害事件の担当刑事。
グロリア
演 - キャサリン・メーニッヒ
麻薬常習者。ミックが面倒をみている。
カーレン刑事
演 - マイケル・パレ
マルティネスの事件の担当刑事。ミックを敵視。
ソーベル刑事
演 - ミカエラ・コンリン
フランク殺害事件の担当刑事。

エピソード[編集]

※映画パンフレットより転載

  • 主人公ミックと容疑者ルイスの対決シーンについて、マシュー・マコノヒーは「すべてリハーサルなしで臨んだ」と語り、その理由は「その場その場でお互いの演技にキャラクターとして反応することが重要だと思った」からとしている。また、出来については「とてもうまくいったと思っている」と述べている。
  • ライアン・フィリップをルイス役で起用するに至った経緯として、フィリップ本人は「最近はオーディションを受けたりしないんだけど、ルイス役を手に入れるために必死で戦った」と語り、「200人を越す若手俳優が狙っていたそうだ」としている。また、プロデューサーのゲイリー・ルチェッシは「ライアン・フィリップに打診するまでに何人もの俳優のオーディションを行った」としている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Lincoln Lawyer (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2012年5月19日閲覧。
  2. ^ Goldberg, Matt (2012年2月29日). “Saturn Award Nominations Announced; HUGO and HARRY POTTER Lead with 10 Nominations Each” (英語). Collider. http://collider.com/saturn-award-nominations-2012/148931/ 2012年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]