リチャード・ニュースタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ニュースタット

リチャード・ニュースタット(Richard Elliott Neustadt、1919年6月26日 - 2003年10月31日)は、アメリカ合衆国政治学者。専門はアメリカ政治。

フィラデルフィア生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学で修士号および博士号取得。コーネル大学コロンビア大学、ハーバード大学教授を歴任。

またトルーマン政権、ケネディ政権、ジョンソン政権の顧問として政策決定に関わった。

著書[編集]

単著[編集]

  • Presidential Power: the Politics of Leadership, (Wiley, 1960).
  • Alliance Politics, (Columbia University Press, 1970).
  • Report to JFK: the Skybolt Crisis in Perspective, (Cornell University Press, 1999).

共著[編集]

  • The epidemic that never was: Policy-making and the swine flu scare, with Harvey V. Fineberg, Vintage Books, 1983.
『インフルエンザ事件と政策決断―1976起きなかった大流行』、西村秀一訳、時事通信社、2009年
  • Thinking in Time: the Uses of History for Decision-makers, with Ernest R. May, (Free Press, 1986).
臼井久和滝田賢治斎藤元秀阿部松盛訳『ハーバード流歴史活用法――政策決定の成功と失敗』(三嶺書房, 1996年)