リチャード・オブ・コニスバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・オブ・コニスバラ(Richard of Conisburgh, 1375年頃 - 1415年8月5日)は、イングランドの王族。ケンブリッジ伯(1414年 - 1415年)。エドワード3世の五男であるヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーの次男で、母はカスティーリャペドロ1世の娘イザベラ。ヨーク公エドワード・オブ・ノリッジの弟。ヨークシャーのコニスバラ城 (Conisbrough Castleで生まれたことからこの名で呼ばれる。

マーチ伯ロジャー・モーティマーの娘で伯父ライオネル・オブ・アントワープの曾孫であるアン・ドゥ・モーティマー (Anne de Mortimerと結婚し、リチャード・プランタジネットをもうけた。アンの伯母エリザベスはヘンリー・パーシー(ホットスパー)と結婚している。

ヘンリー5世に代えて、自身の義弟マーチ伯エドマンド・モーティマー (Edmund Mortimer, 5th Earl of Marchを王位に就けようとしたが(かつてリチャード2世はエドマンドの父ロジャーを王位継承者に指名していた)、マーチ伯自身がヘンリー5世に知らせたため、ケンブリッジ伯らは捕らえられて処刑された。これはサウザンプトンの陰謀事件 (Southampton Plotと呼ばれる。10月に兄エドワードも子供の無いままアジャンクールの戦いで戦死、息子リチャードがヨーク公を継承した。後に孫のエドワード4世リチャード3世はそれぞれイングランド王に即位した。