リソグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リソグラフ (RISOGRAPH) は、理想科学工業1980年昭和55年)から販売している簡易印刷機である。

謄写版メーカーだった理想科学工業の技術が生かされている。製版された原紙(マスター)をドラムに巻きつけて印刷する。印刷方式としては孔版印刷に分類される。

コピー機感覚で操作でき、製版から印刷まで高速・低コストで行える。コピー機と比べた場合、印刷部数が数十枚以上の場合にはリソグラフを使用したほうが時間・コストともに有利である。そのため、特に官公庁学校で広く使われている。

登場時の製品は製版機 (FX7200) と印刷機 (AP7200) に分けられていたが、後に一体型が主流となり、さらに最近はパソコンを接続してパソコンから直接印刷できるタイプのものや、同時2色印刷ができるものもある。

1986年(昭和61年)ごろにはタモリがCMに出演している。

外部リンク[編集]