ランドルフ・コールデコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランドルフ・コールデコット
ランドルフ・コールデコット
(1879年1月、カンヌにて撮影)
生誕 1846年3月22日
イギリスの旗 イギリス イングランドチェスター
死没 1886年2月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州セントオーガスティン
職業 イラストレーター美術家
配偶者 マリアン・ブリンド
テンプレートを表示

ランドルフ・コールデコット(Randolph Caldecott, 1846年3月22日 - 1886年2月12日)はイギリスイラストレーター美術家。ユーモラスで温かい資質が手伝い、独創的かつ多作のイラストレーターとして名声をあげた[1]

初めは銀行勤務のかたわら雑誌や新聞に挿絵を寄稿することから出発し、スレイド美術学校に学んで最終的に画業を選択する。のちに彫版師エドマンド・エヴァンズとともに制作した16冊の子ども向け絵本はコールデコットの代表作となった。それらコールデコットの絵本に見られる、絵とことばが互いを補って物語の世界を広げる作風は現代絵本の源流のひとつと位置づけられ、同時代に活躍したウォルター・クレインケイト・グリーナウェイと並ぶイギリス絵本の新たな表現形式を確立した三大画家のひとりに数えられる。

没後、優れた絵本にイラストをつけた画家へ贈られるコールデコット賞(コールデコット・メダル)の名祖となった[2]


ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ About the Caldecott Medal”. American Library Association. 2009年3月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • ジョン・バンクストン 『現代絵本の父 ランドルフ・コールデコットの生涯と作品』 吉田新一訳・解説、絵本の家、2006年(原著2004年)。ISBN 4-900533-28-9
  • 三宅興子 『イギリスの絵本の歴史』 岩崎美術社、1995年ISBN 4-7534-1352-7
  • ヘンリー・ブラックバーン 『百年前の絵本―R・コールデコットの前半生』 ブック・グローブ社、1997年ISBN 4938624141

外部リンク[編集]