ケイト・グリーナウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kate Greenaway
『ハーメルンの笛吹き』より
『海賊島の女王様』より

ケイト・グリーナウェイ(Kate Greenaway, 1846年3月17日-1901年11月6日)はイギリス挿絵画家絵本作家ラファエル前派の画家とされることもある。

子供を『小さな大人』として扱いがちだった19世紀において、子供を『子供』として絵描いた数少ない画家の一人で、グリーナウェイの絵は、当時の子供服のデザインに影響を与えた。

木版画家である父の下で幼いころから絵に親しみ、南ケンジントン美術学校に進学。アルフォンス・レグロスに師事した。グリーティングカードのイラストなどを担当していたが、父の友人である木版画家のエドマンド・エヴァンズと知己を得、グリーナウェイの水彩画を、エヴァンズが木版画に置き換えた作品「窓の下で」を1878年に出版。繊細なイラストが評判を呼んだ。美術評論家ジョン・ラスキンがグリーナウェイの絵を認め、彼女を引き立てた。

関連項目[編集]