ラルフ・サムプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラルフ・アレン・サムプソン(Ralph Allen Sampson、1866年6月25日1939年11月7日)は、イギリス天文学者である。

1888年にケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジを卒業した。1895年にダラム大学の数学教授になった。ジョン・クーチ・アダムズの弟子で、アダムズの没後の1900年に出版されたアダムズの論文集の第1部を編集した。1910年にスコットランド王室天文官になり、エディンバラ大学の天文学の教授になった。恒星の色温度研究のパイオニアワークを行った。

1910年に木星の4大衛星表Tables of the Four Great Satellites of Jupiter を発表し、1920年に4大衛星の運動論の研究成果を発表した。その功績により1928年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。