ラムセス駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駅構内の様子
(2012年7月9日)

ラムセス駅(アラビア語: محطة مصر‎、英語: Ramses Railway Station)は、エジプトの首都カイロにあるエジプト鉄道(エジプト国鉄)のターミナル駅[1]。駅名は古代エジプト王朝時代ファラオアブ・シンベル神殿を建てるなどしたラムセス2世に由来し[1]1955年にはナセルによって駅前の広場にラムセス2世像が建てられた。

もともと当駅はミスル駅と呼ばれ、1856年にカイロとアレキサンドリアを結ぶ鉄道路線の終着駅として建設された。現在の駅舎は1892年に新たに建設されたもので、1955年に改築されている。なおラムセス2世像は2006年8月25日に当駅前からナイル川を越えてギザへ移転された。

脚注[編集]

[ヘルプ]