ラインハルト・シェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラインハルト・シェア提督

ラインハルト・シェア(Reinhard Scheer、1863年9月30日 - 1928年11月26日。姓はシェーアとも表記される)は、ドイツ帝国海軍軍人ユトランド沖海戦におけるドイツ大洋艦隊 (Hochseeflotte) を率いた。

1863年9月30日、シェアはドイツオーベルンキルヒェンで生まれた。1879年、海軍に入隊した。1905年大佐に昇進、1910年少将に昇進した。シェアはその謹厳な態度から海軍内で「鉄仮面」とあだ名されていた。

1914年第一次世界大戦が勃発、この時シェアは第二戦隊司令官の職にあった。1916年1月、シェアはフーゴー・フォン・ポール大将の後任としてドイツ大洋艦隊司令官に就任した。2月、ドイツ軍はヴェルダン攻勢を開始、大洋艦隊に海上支援の命令が下った。5月、シェアは大洋艦隊を出撃させた。5月31日、大洋艦隊はジョン・ジェリコー大将率いるイギリス艦隊と交戦、ユトランド沖海戦が生起した。ドイツ海軍は数的劣勢であり大きな損害を被ったが、シェアはイギリス海軍にそれを若干上回る損害を与えた。しかし、これ以降ドイツ大洋艦隊が積極攻勢に出ることはなかった。

1918年8月、シェアは解任され、フランツ・フォン・ヒッパーが後任の大洋艦隊司令官となった。10月、キール軍港で水兵が反乱を起こした。反乱は革命へと発展し、ヴィルヘルム2世が退位して第一次世界大戦は終結した。12月、シェアは退役した。

1928年、ユトランド沖海戦で戦ったジェリコーがシェアをイギリスへ招待した。しかし、シェアは出発前の11月26日マルクトレドヴィッツで亡くなった。遺体はヴァイマルに運ばれて埋葬された。

なお、第二次世界大戦期のドイッチュラント級装甲艦2番艦アドミラル・シェーア、西ドイツ海軍のシャルンホルスト級フリゲートシェーアの艦名は当人にちなむ。

文献[編集]

  • シェア『大戦中ノ独大海艦隊』海軍司令部摘訳(水交社、1922年)