ユーゴスラビア鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーゴスラビア鉄道のロゴマーク

ユーゴスラビア鉄道クロアチア語: Jugoslavenske željezniceセルビア語: Југословенске железницеスロベニア語: Jugoslavenske željezniceマケドニア語: Југословенски железници)は1920年代に旧ユーゴスラビアで設立された鉄道事業者で、略称はJŽである。 ユーゴスラビア鉄道はユーゴスラビア王国国有鉄道として設立され、1929年にユーゴスラビア国有鉄道(JDŽ)に改称された。1941年に一旦、ユーゴスラビア国有鉄道は中断されクロアチア国有鉄道(HDŽ)とセルビア国有鉄道(SDŽ)が設立されるが、第二次世界大戦後1952年に再建されユーゴスラビア鉄道と改称されている。ユーゴスラビア鉄道はユーゴスラビア連邦の各国が独立する1990年代まで存在した。

使用車両[編集]

ユーゴスラビア鉄道はハンガリー製の蒸気機関車を広く使用していた。電化が開始されると、イタリア製の電気機関車が使われ、スウェーデン製や国産の車両も使われるようになった。ディーゼル機関車のほとんどは、ゼネラルモーターズ製であった。

継承事業者[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ユーゴスラビア鉄道」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア