ヤペテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤペテは、旧約聖書創世記に出てくる物語ノアの方舟ノアの3人の息子の一人であり、他の兄弟とともに人類の祖先の一人とされた。中世から近代までのヨーロッパイスラム圏ではヤペテの子孫が今の白人であるとする説が広く信じられた。キリスト教原理主義では創造論とともに現在もこの説を踏襲する。

創世記では父ノアからセムとともに祝福されている。

「ヤペテ人種」[編集]

ウィリアム・ジョーンズは「諸民族の起源と系統について」と題した講話においてヤペテを「インド系」の起源とした[1]

脚註[編集]

  1. ^ 安川隆司リベラリズムとオリエンタリズム : ウィリアム・ジョーンズの政治思想とインド論Study Series; No.24, 一橋大学社会科学古典資料センター、1991年3月30日。