モッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モッティMotty1978年7月11日 - 1978年7月23日)は、イングランドチェシャー生まれのオスのである。証明されている限りでは、唯一のアジアゾウアフリカゾウの雑種として知られている。

生涯[編集]

モッティはチェスター動物園(en:Chester Zoo)において、アジアゾウの母「Sheba[1]と、アフリカゾウの父「Jumbolino[2]の間に生まれた。「モッティ」という愛称は、1931年にチェスター動物園を創立したGeorge Mottersheadに因んでいる。

徹底した世話にもかかわらず、モッティは生後僅か12日で臍部分から感染症を起こしてしまい死亡した。検死結果では、壊死性の腸炎と、大腸菌による敗血症がモッティの死因とされた。

モッティの検体は、ロンドン自然史博物館に保存されている。

外見[編集]

頬、耳(長く尖った耳たぶ)、脚(長く細い)は、アフリカゾウの外見を備え、爪の数(前部5、後部4)と鼻先の単一の指状突起はアジアゾウの特徴を持っていた。皺のよった胴体はアジアゾウに似ていた。前頭部は一つのコブとその前部に小さなコブを2つ備えていた。体躯はアフリカゾウ型だったが、中央の隆起はアジアゾウの特徴を持ち、後部の隆起はアフリカゾウ型であった。

生物学[編集]

アジアゾウ(Elephas maximus)と アフリカゾウ(Loxodonta africana)は別属のゾウである。 染色体の数は同一なので、少なくとも理論的には両者の交配は可能である。

脚注[編集]

  1. ^ Sheba at Chester Zoo Elephant Encyclopedia 2011年5月23日閲覧。(英語)
  2. ^ Jumbolino (Bubbles) at Chester Zoo Elephant Encyclopedia 2011年5月23日閲覧。(英語)

外部リンク[編集]