メロス弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メロス弦楽四重奏団
Melos Quartett
基本情報
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ シュトゥットガルト
ジャンル 弦楽四重奏
活動期間 1966年 - 2005年
レーベル ハルモニア・ムンディ
ドイツ・グラモフォン
メンバー
ヴィルヘルム・メルヒャー (第1ヴァイオリン)
イーダ・ビーラー (第2ヴァイオリン)
ヘルマン・フォス (ヴィオラ)
ペーター・ブック (チェロ)
旧メンバー
ゲルハルト・フォス (第2ヴァイオリン)

{{{Influences}}}

メロス弦楽四重奏団(メロスげんがくしじゅうそうだん、ドイツ語: Melos Quartett)は、1965年ヴュルテンベルク室内管弦楽団シュトゥットガルト室内管弦楽団の首席奏者らによって結成されたドイツ弦楽四重奏団である。結成当初の1966年に、ジュネーヴ国際音楽コンクールで最高賞を取得している。ヴィルヘルム・メルヒャーの死により、2005年に解散した。イギリスの室内合奏団メロス・アンサンブル (Melos Ensembleとは別の団体である。

「メロス」の名称の由来は、第1ヴァイオリンのMelcherのMelと第2ヴァイオリンとヴィオラのVoss兄弟のosを組み合わせ、ラテン語で「歌」「音楽」「旋律」を意味する言葉にかけたものである。

ドイツの弦楽四重奏団らしく、重厚な音が魅力で、ベートーヴェンメンデルスゾーンシューベルトシューマンブラームスを得意とし、それぞれの作曲家の全曲録音を行っている。特にベートーヴェンでは高い評価を得ているが、アルバン・ベルク弦楽四重奏団と違って現代音楽は一切演奏しない。

メンバー[編集]

第1ヴァイオリン
第2ヴァイオリン
ヴィオラ
チェロ