アルバン・ベルク弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバン・ベルク弦楽四重奏団
Alban Berg Quartett
基本情報
出身地 オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
ジャンル 弦楽四重奏
活動期間 1970年 - 2008年
レーベル EMI
メンバー
ギュンター・ピヒラー (第1ヴァイオリン)
ゲルハルト・シュルツ (第2ヴァイオリン)
イザベル・カリシウス (ヴィオラ)
ヴァレンティン・エルベン (チェロ)
旧メンバー
クラウス・メッツル (第2ヴァイオリン)
ハット・バイエルレ (ヴィオラ)
トーマス・カクシュカ (ヴィオラ)

アルバン・ベルク四重奏団(アルバン・ベルクしじゅうそうだん、ドイツ語:Alban Berg Quartett, 英語:Alban Berg Quartet)は、1970年オーストリアで結成された弦楽四重奏団。ウィーンの伝統を守りつつ、演奏会では必ず20世紀の曲も取り上げるポリシーを掲げている。

略歴[編集]

1970年、ウィーン国立音楽大学の教授でありウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターも数年間務めていたギュンター・ピヒラーが同僚と結成した。名称についてはアルバン・ベルク未亡人ヘレネから許諾を得ている。1971年にウィーンのコンツェルトハウスでデビュー。設立当初、アメリカシンシナティに1年間留学し、当時新ウィーン楽派を得意としていたラサール弦楽四重奏団に師事するなど、ウィーンの伝統に安住せず、現代音楽に積極的に取り組む姿勢を貫いているが、法外な難曲には手は出さない。精緻なアンサンブルは評価が高く、1980年代には世界を代表するカルテットと認識され、現代の弦楽四重奏団体の規範とさえ評されることもある。

しかし、2008年7月をもって解散することになった。

メンバー[編集]

ヴィオラ奏者のカクシュカが2005年7月4日に亡くなったため、その後カクシュカの弟子イザベル・カリシウスが正式なメンバーとして迎えられることとなった。