メルセデス・ベンツ M276エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M276

メルセデス・ベンツ M276エンジンは、メルセデス・ベンツのV型6気筒エンジンの系列であり、M272系列の後継である。

シリンダーバンク角は90度から60度になり、バランスシャフトがなしでも振動が発生しなくなった。また、第3世代のリーンバーン直噴システムやマルチポイント点火システムの採用に、燃料効率は先代より大幅に向上した。

エンジンはV型8気筒のM278と密接に関連している。新しいV8は2010年末にCLクラスおよびSクラスに搭載された。V6は2011年春にフェイスリフトされるCクラスや新型SLKクラスおよびCLSクラス、すべての4輪駆動モデルに搭載される予定である。

バリエーション[編集]

当面、M272のうち3.5L版がリプレースされる。

エンジン型式 総排気量
cc
ボア×ストローク
mm
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
Nm(kgm)/rpm
搭載モデル 販売期間
276 3499 cc 92.9×86.0 245 (333)/
6,500
620 (63.2)/
3,500-5,250
S 400 HYBRID (W222) 2013年10月-
S 400 HYBRID Exclusive (W222) 2013年10月-
225 (306)/
6,500
370 (37.7)/
3,500-5,250
CLS350 ブルーエフィシェンシー (C218) 2011年5月-
SLK350 ブルーエフィシェンシー (R172) 2011年5月-
C350 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド (W204) 2011年5月-2014年6月
C350 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド (S204) 2011年5月-
S350 ブルーエフィシェンシー (W221) 2011年7月-2013年7月
E350 ブルーエフィシェンシー クーペ (C207) 2011年7月-
E350 ブルーエフィシェンシー カブリオレ (A207) 2011年7月-
E350 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド (W212) 2011年11月-2013年4月
E350 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2011年11月-2013年4月
R350 4MATIC ブルーエフィシェンシー (W251) 2012年1月-2014年3月
SL350 ブルーエフィシェンシー (R231) 2012年3月-
ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー (W166) 2012年6月-
GLK350 4MATIC ブルーエフィシェンシー (X204) 2012年7月-
CLS350 ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク (X218) 2012年10月-
E350 アバンギャルド (W212) 2013年5月-
E400 ハイブリッド アバンギャルド (W212) 2013年5月-
E350 ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2013年5月-
185 (252)/
6,500
340 (34.7)/
3,500-5,250
E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド (W212) 2011年11月-2013年4月
E300 4MATIC ブルーエフィシェンシー アバンギャルド (W212) 2011年11月-2013年4月
E300 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2011年11月-2013年4月
E300 4MATIC ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2011年11月-2013年4月
E300 アバンギャルド (W212) 2013年5月-
E300 4MATIC アバンギャルド (W212) 2013年5月-
E300 ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2013年5月-
E300 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド (S212) 2013年5月-

参考文献[編集]

関連項目[編集]