ムハンマド・ファーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・アフマド・ファーリス

ムハンマド・アフマド・ファーリスアラビア語: محمد أحمد فارس; 生1951年5月26日 - )は、シリア初、唯一の宇宙飛行士。軍人、飛行士。

ハレブ(アレッポ)市出身。1969年から1973年までネイラブの空軍士官学校で学ぶ。1973年からアラブ社会主義復興党(バアス党)員。

1973年からネイラブ空軍基地で飛行士、教官として勤務。1985年9月末、宇宙飛行士候補に選抜され、10月、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターで訓練に入る。1986年12月、主乗組員に指定された。

1987年7月22日、ファリスが搭乗する「ソユーズTM-3」が打ち上げられ、7月24日、宇宙ステーション「ミール」とドッキング。7月30日、「ソユーズTM-2」で地球に帰還。同日、ソ連邦英雄の称号とレーニン勲章が授与された。

宇宙飛行後、シリア空軍勤務に戻る。2001年、ハレブの飛行士訓練学校の校長。