ムソマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスターミナルそばの小さな店
ムソマのヴィクトリア湖

ムソマ(Musoma)は、タンザニアの都市。人口103,497人(2002年)。タンザニア北部に位置し、マラ州の州都である。ムソマはヴィクトリア湖の東岸に位置し、ウガンダの国境にほど近い町である。ムソマは入り組んだ湖岸線に位置し、近郊のキルミではマラ川がヴィクトリア湖に注ぎ込んでいる。ムソマはワジタ人の故郷であり、その他ザナキ人やルオ人、クリア人など12の民族がともに暮らしている。主産業は綿花の栽培及び漁業で、特にナイルパーチが重要である。政治家で外交官のポール・ボマニは1925年にこの町で生まれた.[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Late Ambassador Paul Bomani's Curriculum Vitae”. Official Website. 2007年8月2日閲覧。