ミルスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VL ミルスキ

VL Myrsky.jpg

  • 用途:戦闘機
  • 設計者:ベーゲルイス
  • 製造者:国立航空機工場
  • 運用者:フィンランド空軍
  • 初飛行:1941年
  • 生産数:51機
  • 生産開始:1943年
  • 退役:1947年
  • 運用状況:退役

ミルスキ(Myrsky;フィンランド語で「嵐」)は第二次世界大戦中にフィンランドが国立航空機工場(Valtion Lentokonetehdas;VLと略す)において独自開発した戦闘機

概要[編集]

フィンランドは1939年から翌年にかけてのソビエト連邦との「冬戦争」では英仏など西欧の援助を受けたが、その後ドイツと接近し、空軍力も独伊の援助を受けるなど、雑多な機種を装備して第二次世界大戦を戦った。戦闘機としてはバッファローの活躍が名高いが、その中で国産機の開発も進めていた。それが本機と、その後継機ピョレミルスキである。

ミルスキは空冷(スウェーデン製ツインワスプ)単発単座低翼、胴体は鋼管骨組に前半を金属、後半を木製外皮とし、翼は木製合板張りの機体で、主脚は内側引込式であった。試作型のミルスキ1は降着装置や合板の接着に問題があって4機しか作られず、改良型のミルスキ2は1944年になってようやく完成した。ミルスキ2は47機生産されたが対ソ戦には間に合わず、ソ連との休戦後、国内のドイツ軍を駆逐する「ラップランド戦争」が初陣となった。第二次世界大戦終結時には最終型のミルスキ3が生産に入っていたと伝えられる。

ミルスキにはスウェーデンライセンス生産する計画もあったが実現しなかった。

要目[編集]

(ミルスキ2)

  • 乗員: 1 名
  • 全長: 8.35 m
  • 全幅: 11 m
  • 全高: 3 m
  • 翼面積: 18 m²
  • 自重: 2,329 kg
  • 総重量: 2,934 kg
  • エンジン: プラット&ホイットニー ツインワスプ SC3-G 1,065hp(スウェーデン製) ×1
  • 最大速度: 530 km/h
  • 巡航速度: 400 km/h
  • 上昇限度: 9,000 m
  • 航続距離: 500 km
  • 武装: 12.7 mm 機銃 ×4

参考資料[編集]

  • 『第2次世界大戦 仏・伊・ソ軍用機の全貌』(酣燈社)