ミョルニル・クレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯73度48分 東経29度40分 / 北緯73.800度 東経29.667度 / 73.800; 29.667

ミョルニル・クレーター(Mjølnir crater)は、ノルウェー沖、バレンツ海の海底にある隕石孔(クレーター)である[1]

直径は 40 km[1]。142.0 ± 2.6 Ma[1](約1億4千万年前、白亜紀前期)に形成されたと推定されている。放物体は 2 km の大きさだったと推定されている。

1993年に Steinar Thor Gudlaugsson によって初めてクレーターではないかという指摘がなされた[2][3]

クレーター名は、北欧神話の神トールが持つの名「ミョルニル」に由来する[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ミョルニル・クレーター」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ