ミュンヘン音楽・演劇大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュンヘン音楽大学

ミュンヘン音楽・演劇大学(ミュンヘンおんがくえんげきだいがく)はドイツの国立音楽大学

1846年バイエルン王立音楽アカデミーとして発足。その後何度も名称変更、拡大等を繰り返し、現在の正式名称は1998年よりドイツ語でHochschule für Musik und Theater München、日本語ではドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学となった。むしろ日本では単にミュンヘン音楽大学と呼ぶことが一般的。

初代ハンス・フォン・ビューローを学長に迎えて以来、ピアニスト、教育者として日本にも多数の弟子がいるクラウス・シルデ1988年 - 1991年在職)などを経て、現在はジークフリート・マウザーが務めている。

同大学の現在の教授は、ピアノのゲルハルト・オピッツアンドラーシュ・シフ(Honorarprofessor)、チェロのヴァルター・ノータス、ヴァイオリンのクリストフ・ポッペンアナ・チュマチェンコ、フルートのアンドラーシュ・アドリアン、指揮のブルーノ・ヴァイル、リート解釈のヘルムート・ドイチュ、声楽のクリスティアン・ゲルハーヘル等がいる。

現在のミュンヘン音楽・演劇大学の校舎は、かつてはヒトラーのミュンヘンにおける総統官邸であり、隣にはナチス党本部褐色館(de:Braunes Haus)があった。この校舎建物でミュンヘン会談が開かれた。また授業の一部は、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠を置く複合文化施設ガスタイクでも行われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]