ミケーレ・サンミケーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミケーレ・サンミケーリ

ミケーレ・サンミケーリ(Michele Sanmicheli, 1484年 - 1559年)は、ヴェローナの主導的建築家軍事技術者。重厚で要塞的な作品が多く、繊細なアンドレア・パラーディオの作品と対比される。

生涯[編集]

1484年、建築家の息子として生まれ、彼自身の手記によれば1500年頃にローマに移住した。1509年にオルヴィエート大聖堂の監督官となり、ローマ略奪が行われるまでその職務を担当した。1526年、教皇クレメンス7世に任命され、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョヴァネとともにパルマピアチェンツァヴェネツィアの要塞視察に赴いた。当時、ヴェネツィア共和国は神聖ローマ帝国スペインフランスなどのほか、コンスタンティノープルを占領したトルコの脅威にも曝されていたため、彼はヴェネツィア領のダルマティアクレタ島コルフ島の要塞を強化し、ポルタ・ヌーヴォ(1533年、ヴェローナ)、サンタンドレア・デル・リード(1535年、ヴェネツィア)、ポルタ・パーリオ(1548年、ヴェローナ)などの設計管理を行った。

彼は、これらの要塞建築の他にも幾つかの建築を遺した。ヴェローナでの建築活動の初期にあたるサン・ベルナルディーノ聖堂のペッレグリーニ礼拝堂(1526年頃)は、未完のまま他の人間に施行をゆだねられたが、パラッツォ・ポンペイとパラッツォ・カノッサは、彼の建築思想を体現している。これらの建築の設計時期ははっきりしないものの、ヴェローナ移住後すぐに関わったものと考えられている。その正面は、ドナト・ブラマンテ設計の『ラファエロの家』を模倣したものであるが、いくぶんマニエリスムの影響も感じられる。

彼は、1559年に、ブラマンテの設計したテンピエットをモデルにしたマドンナ・ディ・カンパーニャ聖堂の設計を行ったが、その年の秋に死去した。

関連項目[編集]