ミクマク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミクマク語
Míkmawísimk
話される国 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 ノヴァスコシア州ニューブランズウィック州ガスペ半島ケベック州)、 ニューファンドランド島メーン州北部、マサチューセッツ州ボストン
母語話者数 10,850(うちカナダ8,750、アメリカ合衆国[1][2]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 mic
ISO 639-3 mic
テンプレートを表示

ミクマク語Míkmawísimk)は東部アルゴンキン諸語の一つで、カナダアメリカ合衆国に住む2万人のミクマク族のうち1万1千人により話されている[1][2]Mi'kmaqという単語は「我らの友たち」(単数形Míkm[3])という意味で、形容詞形がMíkmaw[4]、この言語のミクマク語での自称がMíkmawísimk[5]またはMíkmwei[3] (いくつかの方言で)である。

音韻[編集]

以下にミクマク語における音素を示す。

母音[編集]

前舌 中舌 後舌
狭母音 [i] [iː] [u] [uː]
半狭母音 [e] [eː] [ə] [o] [oː]
広母音 [a] [aː]

子音[編集]

歯茎 硬口蓋 軟口蓋 唇軟口蓋
破裂音 [p] [t] [k] [kʷ]
破擦音 [tʃ]
摩擦音 [s] [x] [xʷ]
鼻音 [m] [n]
接近音 [w] [l] [j]

阻害音/p, t, k, kʷ, tʃ, s, x, xʷ/)は語頭および他の阻害音の隣では無声だが、共鳴音(母音および子音/m, n, w, l, j/)の間では異音として有声化する。例えば‹Mi'kmaq›は音韻上/miːkmax/だが[miːɡmax]と発音される。

正書法[編集]

Elsipogtog First Nationのミクマク語による停止標識

ミクマク語のローマ字による表記方式は19世紀に宣教師たちによっていくつか考え出されている。以前はこの言語はミクマック象形文字という部分的に独自の方法で書かれていた。Francis-Smith正書法は1974年に開発され、1980年にミクマク・ネイションの公式正書法として採用された。これが最も広範に使われる正書法で、ノヴァスコシアのミクマクとMíkmaq Grand Councilにて用いられる。これと酷似するのが"Lexicon"正書法であり、違いは母音の長さを示すのにアポストロフィ‹ ' ›か鋭アクセント‹ ´ ›の代わりにコロン‹ : ›を用いることだけである。Francis-Smith正書法が開発された当初、アポストロフィ(しばしば"tick"と呼ばれる)が母音の長さの符号として指定されていたが、ソフトウェア・アプリケーションが誤ってtickをカーリーアポストロフィへと自動修正してしまったため、鋭アクセントによる二次的手段が正式に容認された。棒付きi‹ ɨ ›はしばしばより一般的な曲アクセント付きiで書かれる。Listuguj正書法ではアポストロフィが長母音を示し、‹g›の文字が‹k›の代わりに用いられる。19世紀のPacifique正書法では‹w›と‹y›を使わずに‹o›と‹i›を代わりに用い、母音の長さは無視している。19世紀のSilas Tertius Randによる正書法も下表に示したが、これはより複雑である(特に母音について)。

ミクマク語正書法
IPA /a/ /aː/ /e/ /eː/ /i/ /iː/ /ə/ /tʃ/ /k/ /l/ /m/ /n/ /o/ /oː/ /p/ /x/ /s/ /t/ /u/ /uː/ /w/ /j/
Francis-Smith a a'/á e e'/é i i'/í ɨ j k l m n o o'/ó p q s t u u'/ú w y
Listuguj a a' e e' i i' ' j g l m n o o' p q s t u u' w y
Lexicon a a: e e: i i: ɨ j k l m n o o: p q s t u u: w y
Pacifique a e i tj g l m n ô p s t o
Rand ă a â ĕ ā ĭ e ŭ ch c k l m n ŏ o ō b h s d t ŏŏ oo u w y

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • Maillard, M. l'abbé, redigée et mise en ordre par Joseph M.Bellenger, ptre. Grammaire de la langue mikmaque. Nouvelle-York, Presse Cramoisy de J.M. Shea, 1864. Reprinted 2007: Toronto: Global Language Press, ISBN 1-897367-14-7
  • Pacifique,Père. 1939. Leçons grammaticales théoriques et pratiques de la langue micmaque. Sainte-Anne de Restigouche, P.Q. Reprinted 2007: Toronto: Global Language Press, ISBN 1-897367-15-5
  • Rand, Silas Tertius. 1875. First reading book in the Micmac language. Halifax: Nova Scotia Printing Company. Reprinted 2006: Vancouver: Global Language Press, ISBN 0-9738924-8-X
  • Rand, Silas Tertius. 1888. Dictionary of the language of the Micmac Indians, who reside in Nova Scotia, New Brunswick, Prince Edward Island, Cape Breton and Newfoundland. Halifax: Nova Scotia Printing Company. Reprinted 1994: New Delhi & Madras: Asian Educational Services, ISBN 81-206-0954-9

外部リンク[編集]