マンダリン (官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

官僚マンダリン (Mandarin) とは、中国(主に明朝から清朝)やベトナム官僚を、西洋人が呼んだ語である。

語源[編集]

英語の「Mandarin」とは、元々はポルトガル語の「命令者」や「大臣」を意味する語「mandarin」(現代はmandarimと表記)であり、さらに遡るとサンスクリット語の「Mantri मन्त्री」(指導者)に由来している。福澤諭吉訳の英語広東語日本語単語帳である『増訂華英通語』も「Mandarin」の語に「府官(ヤクニン)」との訳語を付けている[1]

北京官話西洋語圏では「マンダリン」と呼ばれているが、これは言語が多様な中国において、地方出身者を含めた官吏が役場で使う共通語だったからである。

異説として、満州の官僚を意味する「滿大人」 (Mǎn dàrén, マンダーレン) の音読みという説があるが、Mandarinは1636年国成立以前から使われている語である。

語義[編集]

中国では、王朝から科挙が実施されており、その競争は熾烈を極めた。科挙に及第する事は、歴代中華帝国において、低い出自から国務大臣級の地位を手にするほぼ唯一の手段だからである。受験者たちは、幼少の頃から科挙の試験科目(四書五経の暗記、詩作や歴史など)を頭に詰め込んだ。及第して官僚になった者たちは、科挙の試験科目に凝り固まって特権意識を振りかざし、民衆の生活に関る事柄を軽んじた。これは歴代王朝において何度も問題になって来た。

このような歴史からか、西洋では、公務員試験に合格する為に填め込み教育を受けている者や、時代遅れの発想を振りかざす官僚を諷刺して「マンダリン」と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ 京都外国語大学付属図書館貴重書デジタルアーカイブ『増訂華英通語』

関連項目[編集]