マリー・ヴァレリー・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ヴァレリー(1890年)

マリー・ヴァレリー・マティルデ・アマーリエ・フォン・エスターライヒ(Marie Valerie Mathilde Amalie von Österreich, 1868年4月22日 - 1924年9月6日)はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの三女。

ハンガリーの首都ブダペストで生まれた。姉ギーゼラや兄ルドルフ皇太子とは違い、母エリーザベトが手元で育てた子供で、一番愛情を注いだ娘である。ハンガリーでは天の恵みと見なされ、「ゲデレーの王女さま」と呼ばれた。

1890年、ハプスブルク家の一族であるオーストリア=トスカーナ大公フランツ・ザルヴァトールトスカーナ大公国の君主レオポルド2世の孫)とバート・イシュルの教会で結婚式を挙げ、ヴァルゼー城に移住した。2人の間には、長女エリーザベト・フランツィスカ(愛称エラ)をはじめ10人の子供が生まれた。

マリー・ヴァレリーは、困った人や貧しい村人に援助したり、病院や救貧院を開設するなど、地元の住民から「ヴァルゼーの天使」と呼ばれ、慕われた。

母エリーザベトの死後、遺産の5分の2と、ウィーンにあったヘルメス・ヴィラを相続したが、1918年のオーストリア革命後、ハプスブルク家に関する法律に従い、遺産の継承権を真っ先に放棄した。

1924年に癌のため、56歳で死去した。