ヘートヴィヒ・フォン・エスターライヒ=トスカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘートヴィヒ(左)と姉のエラ、1912年

ヘートヴィヒ・マリア・インマクラータ・ミヒャエラ・イグナティア・フォン・エスターライヒ=トスカーナHedwig Maria Immakulata Michaela Ignatia Erzherzogin von Österreich-Toskana, 1896年9月25日 バート・イシュル - 1970年11月1日 ハル・イン・チロル)は、オーストリア帝室の分家ハプスブルク=トスカーナ家出身の大公女(Erzherzogin)オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の外孫。

フランツ・ザルヴァトール大公と、その妻で皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の末娘マリー・ヴァレリー大公女の間の第4子、次女として生まれた。洗礼式は祖父皇帝の別荘カイザーヴィラドイツ語版の大広間で行われた。姉のエラと一緒に、教育学者・発達心理学者エルザ・ケーラードイツ語版を養育係として育った。1918年4月24日にヴァルゼー城ドイツ語版において、ベルンハルト・ツー・シュトルベルク=シュトルベルク伯爵(1881年 - 1952年)[1]と結婚した。伯爵夫妻は間に5男4女、計9人の子女をもうけた。

ヘートヴィヒは母から結婚の贈り物として、チロル地方シュトゥーバイ・アルプス英語版山中のキュータイドイツ語版狩猟用城館の所有権を譲渡された。これは祖父皇帝が1893年に購入し、1916年に母が相続していた城館だった[2]

1949年、ヘートヴィヒは結婚してから住み続けていたキュータイの屋敷の傍にスキーリフトを設置するため、欧州復興計画借款からの融資を求めた。当時のオーストリア通商・経済復興担当相エルンスト・コルブドイツ語版は、利益の採算性が見込めないとして彼女の申請を却下した[3]。1952年、未亡人となったヘートヴィヒは城を改装し、スキー客向けのホテルとして開業した[4]

1970年に死去し、遺骸はハル市営墓地にある伯爵一家の納骨堂に埋葬された。

引用・脚注[編集]

  1. ^ 詩人・文筆家フリードリヒ・レオポルト・ツー・シュトルベルク=シュトルベルク英語版伯爵の曾孫、政治家ヨーゼフ・テオドール・ツー・シュトルベルク=シュトルベルクドイツ語版伯爵の孫で、一族はヴェストハイム醸造所ドイツ語版の経営者であった。母はアメリカ人であり、自身もアメリカ合衆国ミネソタ州マンケート英語版で出生している。
  2. ^ Jagdschloss Kühai(abgerufen am 15. Oktober 2009)
  3. ^ Pressebericht über Schilift in Kühtai (abgerufen am 25. Oktober 2009)
  4. ^ ホテルはヘートヴィヒの四男で共同経営者のカール・シュトルベルク=シュトルベルク(1925年 - 2003年)が引き継ぎ、2014年時点の経営者はカールの長男クリスティアン・シュトルベルク=シュトルベルク(1952年 - )となっている。

参考文献[編集]

  • Hedwig, in: Brigitte Hamann: Die Habsburger - ein biografisches Lexikon, Verlag Piper, Wien 1988 ISBN 3-492-03163-3, S. 161
  • Marie Valerie: Das Tagebuch der Lieblingstochter von Kaiserin Elisabeth 1878-1899. Verlag: Piper; Auflage: 4 (November 2008) Hrsg. Martha Schad und Horst Schad ISBN 978-3-492-24364-3
  • Martha Schad: Kaiserin Elisabeth und ihre Töchter (Taschenbuch) Verlag: Piper; Auflage: 10., Aufl. (April 2006) ISBN 978-3-492-22857-2

外部リンク[編集]