マリー・フォン・ヘッセン=カッセル (1796-1880)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公妃マリー

マリー・ヴィルヘルミーネ・フリーデリケ・フォン・ヘッセン=カッセルMarie Wilhelmine Friederike von Hessen-Kassel, 1796年1月21日 ハーナウ - 1880年12月30日 ノイシュトレーリッツ)は、ドイツヘッセン=カッセル家の公女で、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクの妻。

ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ(3世)とその妻でナッサウ=ウジンゲン侯カール・ヴィルヘルムの娘カロリーネ・ポリクセネの間の第7子、次女として生まれた[1]。1817年8月12日、カッセルにおいてゲオルクと結婚し、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公妃となった。

マリー大公妃は非常に才能あるアマチュア画家で、多くのオールド・マスターたちの名品の模写を制作した。大公妃によるラファエロ・サンティの『十字架を担うキリスト』の模写作品(1856年)は、シェーンベルクSchönberg)の聖ラウレンティウス市教会(St. Laurentius)、ノイシュトレーリッツ市教会の祭壇画として掲げられていた。また、アルブレヒト・デューラーの『キリストの磔刑』の模写作品(1868年)も、ミローMirow)の城の聖ヨハネ騎士団教会(Johanniterkirche)の祭壇画として、1945年まで使われていた。

子女[編集]

夫ゲオルクとの間には2男2女の4人の子女をもうけた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]