マリア・アマーリア・フォン・ザクセン (1757-1831)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツヴァイブリュッケン公爵夫人マリア・アマーリア、1785年頃

マリア・アマーリア・フォン・ザクセンMaria Amalia von Sachsen, 1757年9月26日 ドレスデン - 1831年4月20日 ノイブルク・アン・デア・ドナウ)は、ドイツザクセン選帝侯家の公女で、プファルツ=ツヴァイブリュッケンカール・アウグストの妻。全名はマリア・アマーリア・アンナ・ヨゼフィーナ・アントニア・ユスティーナ・アウグスタ・クサヴェリア・アロイジア・ヨハンナ・ネポムツェーナ・マグダレーナ・ヴァルプルギス・カタリーナMaria Amalia Anna Josephina Antonia Justina Augusta Xaveria Aloysia Johanna Nepomucena Magdalena Walpurgis Katharina von Sachsen)。

ザクセン選帝侯フリードリヒ・クリスティアンとその妻で神聖ローマ皇帝(バイエルン選帝侯カール7世アルブレヒトの娘であるマリア・アントーニアの間の第6子、長女として生まれた。1774年2月12日にドレスデンにおいて、カール・アウグストと結婚した。アマーリアの兄の選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世が1769年にカール・アウグストの妹アマーリエと結婚しており、これは両家を結びつける二重の縁組であった。夫妻はノイブルク城(Schloss Neuburg)を住まいとした。

1794年に夫の伯母エリーザベト・アウグステが亡くなると、聖エリーザベト貴婦人会(St. Elisabethenorden)の団長職を引き継いた。さらに夫と死別後の1798年にはミュンヘンの聖アンナ貴婦人会修道院(Damenstiftskirche St. Anna)の修道院長となった。アマーリアの修道院長在任中、同修道院では義弟のバイエルン王マクシミリアン1世の命令によって数次にわたり修道院改革が実行されている。1831年に死去し、遺骸はノイブルクの宮廷教会に葬られている。

子女[編集]

夫との間に息子を1人もうけたが、夭折した。

  • カール・アウグスト・フリードリヒ(1776年 - 1784年)

参考文献[編集]

  • Christian von Stramberg, Anton Joseph Weidenbach: Denkwürdiger und Nützlicher Rheinischer Antiquarius, Band 8, Teil 2, Koblenz 1859, S. 684 (Digitalisat)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Maria Amalie von Sachsenに関するメディアがあります。