エリーザベト・アウグステ・フォン・プファルツ=ズルツバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・アウグステ

エリーザベト・アウグステ・フォン・プファルツ=ズルツバッハ(Elisabeth Auguste von Pfalz-Sulzbach, 1721年1月17日 - 1794年8月17日)は、プファルツ選帝侯バイエルン選帝侯カール・テオドールの最初の妃。

エリーザベトは、プファルツ系ヴィッテルスバッハ家の支族であるプファルツ=ズルツバッハテオドール・オイスタッハの長男ヨーゼフ・カールの娘として、マンハイムで生まれた。母エリーザベト・アウグステ・ゾフィープファルツ選帝侯カール3世フィリップの娘であった。

1742年1月、従弟のカール・テオドールと結婚した。父ヨーゼフ・カールは祖父テオドール・オイスタッハに先立って死去しており、男子もなかったため、プファルツ=ズルツバッハ公はヨーゼフ・カールの弟ヨハン・クリスティアンを経て、その息子であるカール・テオドールに継承されていた。カール・テオドールは同年末に死去したエリーザベトの外祖父カール3世フィリップの選帝侯位を継承、1777年には更にバイエルン選帝侯位も継承した。

結婚生活は幸福ではなかった。エリーザベトは結婚20年目にして長男フランツを1762年に生むが、生後1日で亡くしてしまった。エリーザベトとカール・テオドールは以後別居し、それぞれ愛人をつくったものの、決して離婚しなかった。

エリーザベトはプファルツのオッガースハイム(現在はルートヴィヒスハーフェンの行政区)にある自身の邸宅へ移り住んだ。1793年の終わりにフランス革命軍がオッガースハイムへ進軍すると、エリーザベトはヴァインハイム(当時はプファルツ選帝侯領、のちにバーデン大公国へ編入された)へ逃がれ、1794年に同地で没した。1799年にカール・テオドールも死去、後妻マリア・レオポルディーネとの間にも子供がなく、エリーザベトの妹マリア・フランツィスカと同族のフリードリヒ・ミヒャエルの末子マクシミリアン・ヨーゼフ(後のバイエルン国王)が選帝侯を継いだ。

参照[編集]

  • Lebenslust und Frömmigkeit, Kurfürst Carl Theodor zwischen Barock und Aufklärung, Handbuch ISBN 3-7917-1679-4 und Ausstellungskatalog ISBN 3-7917-1679-4
  • Karl Kreuter, Kurfüstin Elisabeth Auguste von Pfalz-Bayern 1727 - 1794, Oggersheim 1919