テオドール・オイスタッハ (プファルツ=ズルツバッハ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テオドール・オイスタッハ(Theodor Eustach, 1659年2月14日 - 1732年7月11日)は、プファルツ=ズルツバッハ公クリスティアン・アウグストとナッサウ=ジーゲン伯ヨハン7世の娘アマーリエの子。

後継者は初め長男のヨーゼフ・カールに決まっていた。1716年又従弟に当たるプファルツ選帝侯カール3世フィリップの後継者にも決まり、カール3世フィリップの娘エリーザベト・アウグステ・ゾフィーと結婚したが、1728年にエリーザベトが、翌1729年にヨーゼフ・カールも急死したため、次男のヨハン・クリスティアンを後継者に指名した。

1732年にテオドール・オイスタッハ、1733年にヨハン・クリスティアン、1743年にカール3世フィリップがそれぞれ亡くなり、ズルツバッハ公とプファルツ選帝侯はヨハン・クリスティアンの子カール・テオドールが継承した。カール・テオドールはヨーゼフ・カールとエリーザベトの娘エリーザベト・アウグステと結婚している。

子女[編集]

1692年、ヘッセン=ローテンブルク方伯ヴィルヘルム1世の娘エレオノーレ・マリー・アマーリアと結婚した。

  • アマーリア・アウグスタ・マリア・アンナ(1693年 - 1762年) - 修道女
  • ヨーゼフ・カール(1694年 - 1729年)
  • フランツィスカ・クリスティーネ(1696年 - 1776年)
  • エルネスティーネ・エリーザベト・ヨハンナ(1697年 - 1775年) - ヘッセン=ヴァンフリート=ラインフェルス方伯ヴィルヘルム2世と結婚。
  • ヨハン・ヴィルヘルム・フィリップ(1698年 - 1699年)
  • ヨハン・クリスティアン(1700年 - 1733年) - プファルツ=ズルツバッハ公。プファルツ選帝侯、後にバイエルン選帝侯となるカール・テオドールの父。
  • エリーザベト・エレオノーレ・アウグスタ(1702年 - 1704年)
  • アンナ・クリスティーネ・ルイーゼ(1704年 - 1723年)- 後のサルデーニャカルロ・エマヌエーレ3世と結婚。
  • ヨハン・ヴィルヘルム・アウグスト(1706年 - 1708年)
先代:
クリスティアン・アウグスト
プファルツ=ズルツバッハ公
1708年 - 1732年
次代:
ヨハン・クリスティアン