マハー・ラジャ・ヴィハーラ (キャラニヤ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マハー・ラジャ・ヴィハーラ(Kelaniya Raja Maha Vihara、キャラニア寺院とも)はスリランカ西部州キャラニアにある寺院

スリランカにある釈迦が訪れた地とされると地の一つで、この地で沐浴説教を行ったとされる。その後紀元前3世紀ごろに現在の原型となるものが建てられたが、度重なる戦闘により何度か再建されている[1]。寺院内には数多くの壁画や彫刻があり、ソリアス・メンディス(Solias Mendis)によるものが知られている。

出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方スリランカ 2005-2006年版』 ダイヤモンド社2005年