マディーナ・レイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Madina Lake
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,イリノイ州,シカゴ
ジャンル ポスト・ハードコア
オルタナティブ・ロック
活動期間 2005年~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Sony/Razor & Tie
アメリカ合衆国の旗Roadrunner
日本の旗Hydrant Music
日本の旗ロードランナー・ジャパン
公式サイト madinalake.com
メンバー
ネイサン・レオン
マシュー・レオン
マテオ・カマルゴ
ダニエル・トレッリ

{{{Influences}}}

マディーナ・レイク(Madina Lake)とは、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ にて結成されたポスト・ハードコアバンドである。

2006年にデビューを飾り、エモーショナルかつヘヴィーなロックサウンドで人気を獲得。日本でも人気が高い。

現在のメンバー[編集]

ネイサン・レオン / Nathan Leone (ヴォーカル)

  • イリノイ州シカゴ生まれ。1998年に、兄のマシューと共に「The Blank Theory 」というバンドを結成していた。誕生日は、5月6日
ネイサン・レオン

マシュー・レオン / Matthew Leone (ベース)

  • ネイサンとは双子
  • 大学の頃は、プロサッカー選手を目指していた。
  • 21歳の時に、初めてベースを手にした。
マシュー・レオン

マテオ・カマルゴ / Mateo Camargo (ギタープログラミングシンセサイザー)

ダニエル・トレッリ / Daniel Torelli (ドラム)

略歴[編集]

2005年~2009年 : ロードランナーとの契約から解除まで[編集]

2005年1月イリノイ州シカゴにて"The Blank Theory"に在籍していたレオン兄弟と、"Reforma"に在籍していたマテオとダニエルの四人で"Madina Lake"を結成。

2006年10月3日、自主制作でミニアルバム「The Disappearance of Adalia」をリリース。このアルバムに目を付けたメジャーレーベルRoadrunnerから誘いが掛かり、契約を結ぶことに成功する。

2007年3月27日、1stアルバム『From Them, Through Us, to You』をリリース。同年8月には、「サマーソニック 07」にて[1]、そして11月には、初の単独来日公演を行う[2]。それからもまもなくして、大手音楽雑誌の"Kerrang!"が主催する「2007 Kerrang! Awards」にて「Best International Newcomer」を受賞する[3]

2009年4月には「PUNKSPRING09」にて来日公演を行う[4]。そして、同年5月4日に2ndアルバム『Attics to Eden』をリリースし、ビルボードアルバムチャートにて初登場153位を記録している。

2010年~現在 : マシューの手術から新たなスタートへ[編集]

2010年6月30日、ベーシストのマシューが、道で女性へ暴行を加える男性の姿を発見。すぐさま仲裁に入ったところ、その男性から激しい暴行を受け、一時意識不明の重体となった[5]。しかし、この当時、アメリカでは健康保険加入に莫大な費用が掛かるため、マシューは無保険の状態だった。その為、ファンからの寄付を募り、それを治療費の一部にあてる方法を採った。その後、一度目の手術を行う。

2010年7月5日に、マシューの二度目の手術が無事終了した[6]

2010年12月には、自主制作EP『The Dresden Codex』をリリースしている。

2011年4月初頭に、メジャーレーベルの「Razor & Tie / Sony」との契約を結ぶ。また、ニューアルバム『World War III』が、同年の9月13日にリリースされた。1stシングルは「Hey Superstar」。ちなみに、このアルバムは各方面から高い評価を得ており、音楽情報サイト「IGN」は「新旧のファン双方を満足させられる、純粋に素晴らしいロックアルバム」と称し、そのスコアを90点としている。なお、日本国内盤は「Hydrant Music」から9月14日に発売されており、2010年発表のEP『The Dresden Codex』からボーナストラックが収録されている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位[7] セールス
2007年3月27日
From Them, Through Us, to You
Roadrunner
154位
-
2009年5月4日
Attics to Eden
Roadrunner
153位
-
2011年9月13日
World War III
Sony / Razor & Tie

シングル[編集]

マテオ・カマルゴ
発表 曲名 各チャート最高位 収録アルバム
Hot Modern Rock[8] UK Singles[9] UK Rock
2007年 "House of Cards" 38 From Them, Through Us, to You
"Here I Stand" 141 2
"One Last Kiss"
2008年 "Pandora"
2009年 "Never Take Us Alive" 10
Attics to Eden
2011年 "Hey Superstar"
World War III

EP[編集]

  • The Disappearance of Adalia (2006)
  • The Dresden Codex (2010)

テレビ番組「FEAR FACTOR」への出演[編集]

ネイサンとマシューの二人は、MADINA LAKEとしての活動資金を得るため、アメリカの危険なゲームに挑戦するというテレビ番組「FEAR FACTOR」の、双子のみを対象にした特別大会に出演した。

ヘリコプターからの中吊り」、「塹壕をよじ登る」、「牛の内臓で出来たプールでの水泳」などのゲームを行い、見事優勝。優勝賞金5万ドルを獲得した。そして、手に入れた賞金は、自主製作盤のレコーディング費などに使われた[10]

トリビア[編集]

  • 1stアルバム「From Them, Through Us, to You」に収録されている"Morning Sadness"という楽曲は、ネイサン・レオンが、自分の亡き母に向けて書いたものである。

外部リンク[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “〈SUMMER SONIC 2007〉の出演アーティスト第7弾が発表”. bounce (bounce). http://www.bounce.com/news/daily.php/10310/headlineclick 2009年4月2日閲覧。 
  2. ^ “来日公演決定!!!!”. barks (barks). http://www.barks.jp/users/aforum/?id=2000171210&a=1000012447 2009年4月2日閲覧。 
  3. ^ “K! TV: Best International Newcomer”. kerrang (kerrang). http://blog.kerrangawards.com/2007/08/k_tv_best_international_newcom.html 2009年4月2日閲覧。 
  4. ^ “PUNKSPRING09”. PUNKSPRING (PUNKSPRING). http://www.punkspring.com/09/lineup/index.html 2009年4月2日閲覧。 
  5. ^ “MADINA LAKE、マシューが事件に巻き込まれ重体。意識は回復し、経過は良好”. ロードランナー (ロードランナー). http://www.roadrunnerrecords.co.jp/page/News?news_id=96834 2011年6月20日閲覧。 
  6. ^ “マシュー(MADINA LAKE)の2度目の手術、無事成功に!”. barks (ロードランナー). http://www.roadrunnerrecords.co.jp/page/News?&news_page=39&news_id=98074 2011年6月20日閲覧。 
  7. ^ “ビルボード・アルバムチャート”. billboard (billboard). http://www.billboard.com/bbcom/retrieve_chart_history.do?model.chartFormatGroupName=Albums&model.vnuArtistId=792828&model.vnuAlbumId=1246279 2009年4月2日閲覧。 
  8. ^ “ビルボード・シングルチャート”. billboard (billboard). http://www.billboard.com/bbcom/retrieve_chart_history.do?JSESSIONID=GhxpJJhLNxsHS2hHSy7YnhyLGJLpD2D2pPwTLc7RJ2JWDPzhZnw3!1228547255&model.vnuArtistId=792828&model.vnuAlbumId=1246279 2009年4月2日閲覧。 
  9. ^ “Chart Log UK”. zobbel (zobbel). http://www.zobbel.de/cluk/CLUK2007.HTM 2009年4月2日閲覧。 
  10. ^ “Barks バイオグラフィー”. Barks (Barks). http://www.barks.jp/artist/?id=2000171210&m=bio 2009年4月2日閲覧。