マツダ・大気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マツダ・大気とは、日本自動車メーカーのマツダが開発したコンセプトカーである。

概要[編集]

マツダ・大気

2007年東京モーターショーで世界初公開。

(ながれ)」、「流雅(りゅうが)」、「葉風(はかぜ)」に続く、マツダのデザインテーマ「Nagare(流れ)」デザインの第4作目。Nagareデザインとは、「静止しているときも動きを感じさせるような表現方法」をテーマとしたマツダのデザインコンセプトであり、今までにも自然が持つ「動き」を表現したデザインを発表してきている。

この大気は、その名の通り地球を覆う大気をイメージしたデザインである。「空気の流れが目に見えるデザイン」を表現すべく、デザインは天から舞い降りた2枚の羽衣をイメージしている。スタイルは2シーターのライトウエイトクーペで、伸びやかなフォルム、フロントからリアへとのびていく曲線など、今までのNagareデザインより存在感あるものとなっている。特にリアのデザインは特徴的で、空力性能を重視して前面投影面積を薄くしてある。そのおかげでこのボディはCd値0.25という高い空力性能を備えている。

エンジンは新世代ロータリーエンジンRENESIS(16Xロータリーエンジン)」をFRレイアウトで搭載する。この新開発ロータリーエンジンは直噴システム、アルミサイドハウジングを採用しており、排気量は現行RENESISの650cc×2から800cc×2に拡大、熱効率やトルクも向上されている。

インテリアはこいのぼりにインスピレーションを受け、「エアチューブ」をコンセプトにデザインされた。ダッシュボードやシートやドアトリムは、風の動きを表現したデザインとなっている。

諸元[編集]

  • 全長:4,620mm
  • 全幅:1,950mm
  • 全高:1,240mm
  • ホイールベース:3,000mm
  • 定員:2人
  • エンジン:16Xロータリーエンジン(800cc×2)
  • 駆動方式:FR

外部リンク[編集]