マット・ベイノン・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マット・ベイノン・リースMatt Beynon Rees1967年 - )は、イギリス作家。南ウェールズニューポート生まれ。

経歴[編集]

オックスフォード大学メリーランド大学カレッジパーク校で学んだ。

1996年より、ジャーナリストとして中東の記事を書くようになり、2000年6月から2006年1月までタイム誌エルサレム支局長を務める。

2004年ノンフィクション「Cain's Field: Faith, Fratricide, and Fear in the Middle East」を発表。2007年、初めて挑んだフィクション「ベツレヘムの密告者」で英国推理作家協会主宰のCWA賞最優秀新人賞(ジョン・クリーシー・ダガー賞)を受賞し、12ヶ国語に翻訳、14カ国で刊行され、アメリカ合衆国ニューヨーク・タイムズ[1]イギリスインデペンデント[2]フランスフィガロ[3]など、各国のメディアに絶賛された。

以後、同作の主人公「オマー・ユセフ」シリーズを刊行しており、全7作を予定しているという[4]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニューヨーク・タイムズ・ブックレビュー 2007年2月25日 "HMS Bounty Hunting" by Marilyn Stasio
  2. ^ インデペンデント(2007年6月23日)
  3. ^ フィガロ誌 2007年5月12日 p.86, "Policierement Incorrect" by Jean-Louis Tremblais
  4. ^ 『ベツレヘムの密告者』訳者あとがきより
  5. ^ 英国では「The Bethlehem Murders

外部リンク[編集]

  • Matt Beynon Rees - 公式サイト(英語)(スペイン語)(フランス語)(イタリア語)(ドイツ語)