マシャード・デ・アシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシャード・デ・アシス
Machado de Assis
MarcFerrez MachadodeAssis.jpg
誕生 1839年6月21日
ブラジルの旗 ブラジルリオ・デ・ジャネイロ
死没 1908年9月29日(満69歳没)
ブラジルの旗 ブラジルリオ・デ・ジャネイロ
職業 小説家詩人
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
文学活動 写実主義
代表作 『ブラス・クーバス死後の回想』、『ドン・カズムーロ』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョアキン・マリア・マシャード・デ・アシス(Joaquim Maria Machado de Assis、1839年6月21日 - 1908年9月29日)はブラジルの小説家、詩人、短編作家である。

生涯[編集]

1839年にブラジル帝国の首都リオ・デ・ジャネイロで生まれる。彼の父親フランシスコ・ジョゼ・デ・アシスはムラートの画家で、母親のマリア・レオポルディーナ・デ・アシスはアソーレス諸島出身だった。彼はブラジル文学で最も重要な作家として認められているが、生前は有名にならなかった。

彼の母語ブラジルポルトガル語だったが、初等教育を終えただけの身でありながらも教会で習ったラテン語に加えて英語フランス語を独学で学び、ウィリアム・シェイクスピアディケンズダンテソフォクレスセルバンテスショーペンハウアーなどから影響を受けた[1]フランス文学の影響が強かった当時のブラジルの作家としては例外的に、アシスは英文学の影響を強く受けた。

見習い印刷工から出発し、新聞記者、編集者などを経て25歳で処女詩集『さなぎ』(1864)を出版した[2]。1873年に農務省に入省して公務員となり、安定した経済的基盤を基に執筆活動を続けた。

1896年ブラジル文学アカデミーを設立し、初代会長となった。彼の代表作は『ブラス・クーバス死後の回想』(Memórias Póstumas de Brás Cubas)や、1899年に発表された『ドン・カズムーロ』(Dom Casmurro)である。

評価[編集]

ブラジルでは「文学史上、最大の文豪」[3]として高く評価されている[4]他、ブラジル国外でもアメリカ合衆国の批評家スーザン・ソンタグや文学批評家ハロルド・ブルーン、作家のフィリップ・ロスメキシコカルロス・フエンテスなどから高く評価されている[5]

1988年から発行されていた旧1000クルザード紙幣に肖像が使用されていた。

作品[編集]

  • 1864 - Crisálidas
  • 1870 - Falenas
  • 1870 - Contos Fluminenses
  • 1872 - Ressurreição
  • 1873 - Histórias da Meia Noite
  • 1874 - A Mão e a Luva
  • 1875 - Americanas
  • 1876 - Helena
  • 1878 - Iaiá Garcia (Mistress Garcia)
  • 1881 - Memórias Póstumas de Brás Cubas
    • マシャード・デ・アシス/伊藤奈希砂、伊藤緑訳『ブラス・クーバスの死後の回想』国際語学社、2009年1月。
  • 1882 - Papéis Avulsos
  • 1882 - O alienista
  • 1884 - Histórias sem data
  • 1891 - Quincas Borba
  • 1896 - Várias histórias
  • 1899 - Páginas recolhidas
  • 1899 - Dom Casmurro
    • マシャード・デ・アシス/伊藤奈希砂、伊藤緑訳『ドン・カズムーロ』彩流社、2002年2月。
  • 1901 - Poesias completas
  • 1904 - Esaú e Jacó
  • 1906 - Relíquias da Casa Velha
  • 1908 - Memorial de Aires

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岸和田(2008:81)
  2. ^ 岸和田(2008:81-82)
  3. ^ 岸和田(2008:80)より表現を引用
  4. ^ 岸和田(2008:80)
  5. ^ 岸和田(2008:80-81)

参考文献[編集]

  • 岸和田仁「マシャード・デ・アシス没後百周年──ブラジル文学史上、最大の文豪の人物像に迫る」『ラティーナ』658号、2008年12月