マウスパッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウスとマウスパッド

マウスパッド (mousepad もしくは mouse mat) とは、コンピュータの入力装置であるマウスの動作を良好にするために下に敷くシート状のアクセサリである。

機能[編集]

コンピュータの入力装置としてマウスが登場した当初は、2次元の動きをボールの転がりで検知する方式 (メカニカルマウス) が主流であった。机上面が滑りやすい・汚れている・凹凸が激しいといった場合には、マウスの底面に内蔵されたボールの転がりが悪くなり、ポインティング操作に支障をきたす。ボールの表面は主にゴムでつくられており、マウスを動かすことでX軸・Y軸の動きを検出するエンコーダーに直結している小さなローラーが動かされることにより、ポインティングのための数値が検出される構造になっているが、このローラーとボールとの摩擦力があまりにも弱いとボールは滑ってしまって、結果的にユーザの求める動きが得られないのである。GUI環境を使っていく上で、マウスの動作の不調はユーザに多大なストレスや操作のミスを生じさせる。このボールの転がりを良好にするために、シリコーンゴムスポンジなど摩擦の生じやすい材質でできた平らなシートを下に敷くというのが、マウスパッドの本来の役目である。

その後、光学式マウス (オプティカルマウス) が登場した。光学式マウスは、底面に発光・受光機構を備え、反射によって動作を検知する仕組みである。光学式マウスが登場した当初は、光の反射しやすい専用マウスパッドを必要としたが、開発が進み、画像処理機構を備えたマウスが登場する。やマウスパッドの表面の微小な変化を画像として読み取り、そのズレを計算することで移動を検知するという仕組みである。このタイプは表面の材質を選ぶことはなくなったが、ガラスなど反射の起こらない透明なもの・のように反射率の高いもの・平滑で変化の乏しい面などでは、マウスの動きが検知しにくくなる。「光学式マウス対応」を謳うマウスパッドは、ほどほどに細かい変化のある材質で表面をつくり、検知漏れを極力少なくしたものである。

ハンドレストを備えたマウスパッド

機敏なマウスさばきが必要なPCゲームのプレイヤーや、1ドット単位の緻密なポインティングにもこだわるグラフィックソフトCADなどのユーザは、特に反りが生じにくく表面の質の良いものを要求する。また、ノートパソコンなどとともに持ち歩くユーザのためには、薄く小さな携帯用のものが製造されるなど、品質やサイズはユーザの需要に応えてさまざまな種類が存在する。

また、マウスの滑りや動きの検知を良好にするだけでなく、ユーザの人間工学的に保護することを目的としたものもある。ゲルビーズを充填したやわらかいハンドレストと一体化し、手首を載せた状態でマウス操作ができるものなどが挙げられる。

意匠[編集]

マウスの動作改善や手首の保護といった、実用性・機能性を重視した製品がつくられる一方、その機能をこえて視覚的な愉しさや娯楽要素を求めた製品もある。イラストレーション写真を全面にあしらったもの・石材コルク皮革などの美観を生かしたもの・触り心地を重視したものなど、マウスパッドのデザインの幅は広い。液体の層の中に金属箔やスパンコールを仕込み、マウスの動きに合わせて動く様子を愉しめる・など凝った製品もあり、デスクに華を添えるアクセサリや鑑賞品となっている。

また、企業や製品のロゴ、イラストレーションなどをプリントしたものがゲームソフトや DVD の付録、製品展示会の記念品として用いられることも多く、コンピュータ利用者層向けのノベルティグッズ・プレミアムグッズとしてもマウスパッドは好まれている。近年では、印刷会社が「ノベルティ用マウスパッドの印刷」をサービスラインナップに加えることも増えてきた。

さらには、アニメ作品やアダルトゲーム作品のキャラクターグッズとして、ハンドレスト部分を女性キャラクターの乳房臀部に見立てた造形・印刷を行った「おっぱいマウスパッド」などと呼ばれる商品も登場している。[1]

特殊な機能として、電卓を仕込んだものが販売された例もある。

ただし、機能面を重視したものにせよデザイン面を重視したものにせよ、マウスバッドの意匠と光学マウス(のセンサー)の間である種の相性問題が発生する場合もある。この様な場合には、ポインタが異常に敏感に反応してしまう、ポインタの動作が安定しない(その為にダブルクリックがままならない)などの動作異常が発生する。

ゲーミングマウスパッド[編集]

ゲーマーが求めるマウスパッド、いわゆるゲーミングデバイスという概念から見るマウスパッドとしては、

  1. ボールマウス対応
  2. 光学式マウス対応

の2種類に分けられる。ただ、どちらにも共通することは「通常のマウスパッドより面積が広い」と言うことである。これはマウスを振り回してもはみ出る事がなく、コントロールしやすいためである。中型と呼ばれるサイズでもA4用紙より広い面積を持ち、大型のマウスパッドになると横幅450mm、縦幅400mmという巨大さになる。また、ゲーマーが求めるフィーリングはそれぞれなため、ボールマウス対応と光学式マウス対応の両方のマウスパッドが市場に出回っている。

ボールマウス対応[編集]

ボールマウスは内蔵のボールを回すことによって移動を検知するため、マウスをスムーズに滑らせようとするとボールがスリップしてしまい、移動が検知されないためにスムーズな移動が出来なくなってしまう。そのためスムーズな滑りを犠牲にしてグリップさせる方向での商品作りが要求された。そのため、「滑らないマウスパッド」として布製のマウスパッドが大半を占める。

光学式マウス対応[編集]

光学式マウスが出回るようになると、マウスパッドは純粋に「滑り」のみを重視されるようになったため、「滑るマウスパッド」が要求され、素材としてプラスチックや強化ガラスなど、ボールマウス対応としては使えない素材も使われるようになっている。

脚注[編集]

  1. ^ アサヒ・インターナショナル

外部リンク[編集]

関連項目[編集]