マイルズ M.52

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M.52の構想

マイルズ M.52 (Miles M.52) は、イギリス音速突破を計画した実験機である。1942年からマイルズ・エアクラフトが開発を進められたが、第二次世界大戦終了後の1946年2月に労働党政権の予算削減により、試作1号機の完成する前に計画は中止された。

技術的な内容は、リヒートによるジェット・エンジンの推力向上、薄翼の採用による、超音速域での抗力の低減、フライングテール(全可動尾翼)による、操縦性の確保、空力加熱の対策を考えたステンレスの機体の採用、ショックコーンの採用などであった。主翼は直線翼であった。

アメリカ合衆国との技術交換契約により、マイルズのデータはベル社に提供され、ベルX-1の開発に貢献したといわれる。

開発が中止された後、三分の一にスケール・ダウンした無人の無線操縦実験機で、ロケット動力で試験飛行が行われた。1947年にマッハ1.5を記録したが、回収できず、開発もそれまでになった。

関連項目[編集]