マイラ・ヘス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイラ・ヘス

マイラ・ヘス(Dame Myra Hess DBE, 1890年2月25日 - 1965年11月25日)は英国ピアニスト

ロンドンユダヤ系の家庭に生まれる。王立音楽アカデミーに学び、1907年ベートーヴェンピアノ協奏曲第4番を演奏してデビュー。その後、イギリスと北米で演奏旅行に取り組む。第二次世界大戦中にすべての演奏会場が閉鎖されると、ロンドンナショナル・ギャラリーなどでランチタイム・コンサートを企画して、自ら演奏家として出演し、大きな評判を呼んだ。この功績に対して、1941年デイムの称号を授与された。

特にモーツァルトベートーヴェンシューマンの演奏家として有名だが、ドメニコ・スカルラッティから現代音楽に至るまでレパートリーは幅広く、ハワード・ファーガソンのピアノ・ソナタやピアノ協奏曲の初演者でもある。従姉のアイリーン・シャラーと組んだピアノ・デュオや、室内楽でも活躍した。

同じくピアニストのハリエット・コーエンともいとこ同士にあたる(あらえびす『名曲決定盤』上巻p.256、中公文庫、1981年)。