ボリス・クラーギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボリス・クラーギンロシア語: Борис Павлович Кулагин 1924年12月31日-1988年1月25日)はソビエト連邦モスクワ出身のアイスホッケー指導者。

経歴[編集]

1961年から1971年までアナトリ・タラソフの下、HC CSKAモスクワでアシスタントコーチを務め、その後HC クリリヤ・ソヴェトフ英語版の監督となった。CSKAやHCスパルタク・モスクワのような恵まれたチームと異なる若いチームで彼はユーリイ・レベデフヴャチェスラフ・アニシンアレクサンドル・ボズノフアレクサンドル・シデルニコフらを育てあげ1974年にはソ連選手権を制覇した[1]。またクラブレベルでのNHLチームとの対戦シリーズとなったスーパーシリーズでも3勝1敗と勝ち越した。

またフセヴォロド・ボブロフの下でアイスホッケーソビエト連邦代表のコーチとなりアイスホッケーカナダ代表とのサミット・シリーズにもスタッフとして参加した。1974年に代表チームの監督となった彼は同年のアイスホッケー世界選手権WHA勢との1974年サミット・シリーズ、1976年のインスブルックオリンピックなどを制した。その後の世界選手権で優勝を逃したため、代表監督を解任されビクトル・チーホノフが後任となった[1]

1979年から1984年まではスパルタク・モスクワの監督を務めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The Summit in 1972: Boris Kulagin”. chidlovski.com. 2011年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]