ホールデン・バリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリーナ 5ドアハッチバック
大宇・カロスのOEMである

バリーナBarina )とはGM傘下のホールデンオーストラリアニュージーランドで発売している小型ハッチバックまたは小型セダンである。自社開発ではなくすべて他ブランドからのOEMないしバッジエンジニアリングモデルを輸入し販売している。

初代 MB,ML(1985年~1988年)[編集]

初代スズキ・カルタス(現地名:スイフト)のバッジエンジニアリングとして登場した。

2代目 MF,MH (1988年~1994年)[編集]

初代同様、2代目スズキ・カルタス(現地名:スイフト)のバッジエンジニアリング車を継続。

3代目 SB (1994年~2001年)[編集]

3代目はドイツのオペルからスペインで製造されるコルサBに変更。

4代目 XC(2001年~2005年)[編集]

3代目同様、オペルからOEM供給を受けたコルサC。2008年にオーストラリア・ニュージーランド政府が発行した「中古車の安全性ランキング」において「平均以上」と格付けされ、ANCAPの衝突安全テストにおいても、5つ星中4つ星を確保している。

5代目 TK(2005年~)[編集]

急成長するオーストラリアの小型車市場で競争力を保つため、ライバルの1台であるヒュンダイ・ゲッツと同じ韓国製であるGM大宇デーウ・カロスⅤ→デーウ・ジェントラX(T200)に切り替えられ、A$12,990~という安価な価格設定を実現したが、その結果ANCAPの衝突安全テストでは、先代(コルサC)より低い2つ星となってしまった。

2006年にバリーナ初のセダン仕様が登場。供給元はハッチバック同様GM大宇で、ベースはデーウ・ジェントラ。
なお、ジェントラは、元々カロスセダンの後継として登場した為、同じ5代目バリーナでありながら、韓国本国市場では新旧扱いとなってある。

2008年8月にマイナーチェンジが実施され、各種安全装備、高張力鋼を採用して構造が見直されたボディによりANCAP衝突安全テストで、再び4つ星を獲得した。

6代目 TL(2011年~)[編集]

関連項目[編集]