ホロン (化学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホロン
識別情報
特性
化学式 C9H14O
モル質量 138.20 g/mol
密度 0.885 g/cm3
融点

28 °C

沸点

198-199 °C

危険性
MSDS External MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ホロン(Phorone)またはジイソプロピリデンアセトン(diisopropylidene acetone)は、アセトン3分子がアルドール縮合してできた化合物で、ゼラニウムの芳香をもつ黄色の結晶である。アセトン自己縮合によって合成される。また、特定のテルペノイド化合物からも得られる。

なお、ホロンは強力なグルタチオン枯渇剤 (glutathione depletor) として知られている。ホロンをラットなどに投与すると、体内にあるグルタチオンのチオール基と強力に反応し、これを不活性化する。このため、ホロンを投与された個体はグルタチオン欠乏の症状を呈する。これを利用してグルタチオンの生理作用、例えば喘息との関係などが調べられている[1]

出典[編集]

  1. ^ Thesis Joris Kloek 2001

参考文献[編集]

  • Merck Index, 11th Edition, 7307.

関連項目[編集]