ホモセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L-ホモセリン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 672-15-1
PubChem 779
ChemSpider 758
日化辞番号 J9.199E
EINECS番号 211-590-6
ChEBI CHEBI:30653
ChEMBL CHEMBL11722
特性
化学式 C4H9NO3
モル質量 119.12 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ホモセリン(homoserine)は、化学式HO2CCH(NH2)CH2CH2OHのα-アミノ酸の一種。イソスレオニン(isothreonine)とも呼ばれる。L-ホモセリンはDNAにコードされた一般的なアミノ酸の一つではない。タンパク質を構成するアミノ酸であるセリンとは、メチレン基が一つ挿入されている違いがる。ホモセリンあるいはそのラクトン型は、臭化シアンを用いたメチオニンの分解によるペプチドの切断の生成物である。

ホモセリンは、3種の必須アミノ酸(メチオニン、スレオニンイソロイシン)の生合成中間体である。ホモセリンは、アスパラギン酸セミアルデヒドを介したアスパラギン酸の2段階の還元によって形成される[1]

脚注[編集]

  1. ^ Berg, J. M.; Stryer, L. et al. (2002), Biochemistry. W.H. Freeman. ISBN 0-7167-4684-0