ホウキギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウキギ
Kochia scoparia1.jpg
秋のホウキギ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
: バッシア属 Bassia
: ホウキギ B. scoparia
学名
Bassia scoparia (L.) A.J.Scott
シノニム

Kochia scoparia (L.) Schrad.

和名
ホウキギ(箒木)
英名
summer cypress
Mexican burningbush
Mexican fireweed
mock cypress

ホウキギ(箒木、学名: Bassia scoparia)はヒユ科バッシア属一年草。別名、ホウキグサ(箒草)。

バッシア属のうちホウキギなど数種は、一時、花被の特徴から、ホウキギ属 Kochiaコキア)に分離されていた。学名の「スコーパリア」は「ほうき状の」の意。

特徴[編集]

アジア原産。のような細かいが特徴で、秋に紅葉、茎も同様に赤くなる。耐塩性が高い。

利用[編集]

昔は茎を乾燥して束ねに箒として利用されることがあった。成熟果実は秋田県の郷土料理「とんぶり」の材料となる。

9月のホウキギ(日本) 
成熟果実