ペール・テオドール・クレーベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペール・テオドール・クレーベ
人物情報
生誕 1840年2月10日
スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
死没 1905年6月18日(満65歳没)
居住 スウェーデンの旗 スウェーデン
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 化学地質学
研究機関 ウプサラ大学
主な業績 ホルミウムツリウムを発見
主な受賞歴 デービーメダル(1884年)
テンプレートを表示

ペール・テオドール・クレーベ(Per Teodor Cleve、1840年2月10日 - 1905年6月18日)はスウェーデン化学者地質学者である。ホルミウムツリウムを発見した。

ストックホルムに生まれた。ウプサラ大学で学び、1863年に博士号を得た。ウプサラ大学で働いた後、各国に留学し、1874年にウプサラ大学の一般化学農芸化学教授となった。

1879年に、ホルミウムとツリウムを発見した。またカール・グスタフ・モサンデル (Carl Gustaf Mosander) が1841年に発見したヂディミウム (didymium) が、2つの希土類元素混合物であること1874年に示した。1885年にカール・アウアー・フォン・ヴェルスバッハが、ネオジムプラセオジムとして分離した。

1884年にイギリス王立協会から、希土類の研究の業績に対してデービーメダルを受賞した。

探検家鉱物学者アドルフ・エリク・ノルデンショルドによって、鉱物希土閃ウラン鉱(クレーベ石、cleveite閃ウラン鉱の変種)に命名された。

1970年度のノーベル生理学・医学賞を受賞したウルフ・スファンテ・フォン・オイラーは孫である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]