ペリオスチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Periostin, osteoblast specific factor
識別記号
記号英語版 POSTN; OSF-2; OSF2; PDLPOSTN; PN; RP11-412K4.1; periostin
その他ID OMIM英語版608777 MGI英語版1926321 HomoloGene英語版4730 GeneCards: POSTN Gene
RNA発現パターン
PBB GE POSTN 210809 s at tn.png
その他参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez英語版 10631 50706
Ensembl英語版 ENSG00000133110 ENSMUSG00000027750
UniProt英語版 Q15063 Q62009
RefSeq (mRNA) NM_001135934.1 NM_001198765.1
RefSeq (protein) NP_001129406.1 NP_001185694.1
Location (UCSC) Chr 13:
38.14 - 38.18 Mb
Chr 3:
54.17 - 54.19 Mb
PubMed search [1] [2]

ペリオスチン (periostin) は、ヒトのPOSTN遺伝子にコードされたタンパク質である[1][2]。ペリオスチンはαVβ3英語版およびαVβ5英語版インテグリンのリガンドとして機能し、上皮細胞接着および遊走英語版を支える[3]

臨床的重要性[編集]

ぜんそく[編集]

ペリオスチンはぜんそくと関連している。これは、ぜんそくの試験薬であるレブリキズマブ (lebrikizumab) に利用されている[4]

[編集]

ペリオスチンの過剰発現は様々な種類ので報告されており、腫瘍細胞の環境で最も頻繁に見られる[3][5]。最近研究では、ペリオスチンは正常組織や原発腫瘍間質中の線維芽細胞によって発現される細胞外マトリックスの構成要素であることが明らかにされている。転移性コロニー形成は 浸潤性がん細胞によるストロマ中のペリオスチンの誘導が必要である。ペリオスチンの産生はTGF-β2あるいはTGF-β3によって肺線維芽細胞において上方制御される。TGF-β3は浸潤性がん幹細胞によって分泌される(MMTV-PyMTマウス乳癌モデル)[6]

様々ながん細胞株におけるペリオスチンの発現[7]
細胞株 起源 POSTN/ACTB1
U2OS 骨肉腫 3.5±1.7
LB96 ユーイング肉腫 0
LB23-1 横紋筋肉腫 0.1±0.1
HeLa 子宮頸癌 3.0±0.4
PA-1 卵巣奇形腫 1.4±0.1
LB37-1 NSCLC 2.8±0.6
LB85 SCLC 3.4±0.2
LB92 SCLC 0.6±0.2
LB1047 腎細胞癌 0.8±0.2
BB64 腎細胞癌 0.08±0.01
LB108 結腸直腸癌 0
MCF7 乳癌 0
Hs578T 乳癌 3693±86
Panc-1 膵癌 0
Capan-1 膵癌 0
Huh-7 肝細胞癌 0.3±0.07
LB831 膀胱癌 1748±74
MZGC3 胃癌 0
A172 膠芽腫 45±4
MZ2 メラノーマ 2.3±0.7
LB39 メラノーマ 0.5±0.03
LB2586-7 メラノーマ 3.4±0.3
LB2201-3 メラノーマ 4.2±0.4
A375 メラノーマ 4.7±1.2

1 (cDNA POSTN/cDNA ACTB) × 104

脚注[編集]

  1. ^ Takeshita S, Kikuno R, Tezuka K, Amann E (Sep 1993). “Osteoblast-specific factor 2: cloning of a putative bone adhesion protein with homology with the insect protein fasciclin I”. Biochem J. 294 ( Pt 1): 271–8. PMC 1134594. PMID 8363580. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1134594. 
  2. ^ Entrez Gene: POSTN periostin, osteoblast specific factor”. 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ a b Gillan L, Matei D, Fishman DA, Gerbin CS, Karlan BY, Chang DD (Sep 2002). “Periostin secreted by epithelial ovarian carcinoma is a ligand for alpha(V)beta(3) and alpha(V)beta(5) integrins and promotes cell motility”. Cancer Res. 62 (18): 5358–64. PMID 12235007. 
  4. ^ Kraft M (2011). “Asthma phenotypes and interleukin-13--moving closer to personalized medicine”. N. Engl. J. Med. 365 (12): 1141-1144. PMID 21879891. 
  5. ^ Contié S, Voorzanger-Rousselot N, Litvin J, et al. (2011). “Increased expression and serum levels of the stromal cell-secreted protein periostin in breast cancer bone metastases.”. Int. J. Cancer 128 (2): 352–60. doi:10.1002/ijc.25591. PMID 20715172. 
  6. ^ Malanchi I, Santamaria-Martínez A, Susanto E, Peng H, Lehr HA, Delaloye JF, Huelsken J (2011). “Interactions between cancer stem cells and their niche govern metastatic colonization”. Nature 481 (7379): 85-89. doi:10.1038/nature10694. PMID 22158103. 
  7. ^ Tilman G, Mattiussi M, Brasseur F, van Baren N, Decottignies A. (2007). “Human periostin gene expression in normal tissues, tumors and melanoma: evidences for periostin production by both stromal and melanoma cells.”. Molecular Cancer 6 (80). doi:10.1186/1476-4598-6-80. PMID 18086302. 

推薦文献[編集]