ペトルス・ロンバルドゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
命題集(Libri Quattuor Sententiarum)

ペトルス・ロンバルドゥス: Petrus Lombardus, 1100年頃 - 1160年7月20日 パリ)は、カトリック教会司教スコラ神学者。「Magister Sententiarum」(教師、教法先生、命題集の師)として知られる。イタリア語名でピエトロ・ロンバルド(Pietro Lombardo)とも呼ばれる。

教父たちの著述を注解した『命題集』は中世における神学の教科書として広く用いられた。トマス・アクィナスの『神学大全』は彼を特別に教師と呼んでいる。オッカムの剃刀で知られるオッカムのウィリアムは『命題集』を批判的に分析した。

ペトロスによってカトリック教会における7つの秘蹟が確定した。

ダンテの『神曲』の登場人物でもある。

参考文献[編集]

  • 『キリスト教神学入門』A・E・マクグラス著、神代真砂実訳、教文館
  • 『存在の一義性―定本・ペトルス・ロンバルドゥス命題註解』、ヨハネス ドゥンス・スコトゥス著、哲学書房
  • Marcia L. Colish, Peter Lombard, 2 vols. (Leiden: Brill, 1994). ISBN 9004098615
  • Philipp W. Rosemann, Peter Lombard (Oxford: Oxford University Press, 2004). ISBN 0195155440, ISBN 0195155459 (pbk.)

外部リンク[編集]