ペイダンオー地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペイダンオー地方 (仏:District du Pays-d’Enhaut 英:Pays-d’Enhaut District) は、スイスヴォー州レマン湖の東の、のどかな山岳風景が広がる地方である。ペイダンオーはフランス語で“上にある地方”という意味で、標高約900〜1000mの地点にシャトーデーフランス語版ロシニエールフランス語版ルージュモンフランス語版などの村が点在している。スイスの私鉄、モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道フランス語版がペイダンオー地方を走り、レマン湖畔のモントルーとユングフラウ地方のインターラーケンを結んでいる。

ペイダンオー地方の中心となる村はシャトーデーで、熱気球が盛んに行われており、熱気球博物館もある。また毎年1月に国際熱気球週間が開催され、世界中の熱気球がここに集まる。

ペイダンオー地方には昔ながらの酪農農家が多く、牧上がりや牧下りなどの伝統の行事、デコパージュと呼ばれる牧童の暮らしをモチーフにした切り絵細工などの伝統工芸が息づいている。

伝統的なチーズ作りも行われており、グリュイエールチーズの一種、エティヴァチーズの産地でもある。フランスの画家バルテュスは、ロシニエールにある歴史的な山荘「グランシャレー」でその晩年を過ごした。

出典[編集]