ベン・クエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・クエール
Ben Quayle
Benjamin Quayle, Official Portrait, 112th Congress.JPG
ベン・クエール(2011年)
生年月日 1976年11月5日(37歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州フォートウェイン
出身校 デューク大学B.A.)
ヴァンダービルト大学ロー・スクールJ.D.)
前職 弁護士
所属政党 共和党
配偶者 ティファニー・クレーン

選挙区 アリゾナ州第3選挙区
任期 2011年1月3日 - 2013年1月3日
テンプレートを表示

ベンジャミン・ユージーン・「ベン」クエール英語: Benjamin Eugene "Ben" Quayle, 1976年11月5日 - ) は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士、実業家。現在はアリゾナ州フェニックス在住。

経歴[編集]

1976年、インディアナ州フォートウェイン[1]に生まれる。父は元合衆国副大統領ダン・クエール、母は弁護士のマリリン・クエール。3人兄弟の次男で父ダンが下院選を戦っている際に生まれた。長じてデューク大学に進み、文学士号を取得。その後、ヴァンダービルト大学ロー・スクールに進んで法学を学び、卒業後は弁護士の職に就いた。

国政進出[編集]

現職議員の引退に伴い、クエールは2010年2月に下院選出馬を表明。クエールが出馬したアリゾナ3区は、11人が出馬する全米きっての激戦区だったが、マイク・ペンス下院議員らの支持を受け、8月に行われた予備選を制した[2]。余勢を駆って同年11月の中間選挙でも勝利し、34歳の若さで下院議員に当選した。また、ティファニー夫人と同年に結婚している。

議員としては2012年2月にナショナル・ジャーナル英語版から「最も保守的」と評された10人の下院議員の1人となる[3]

2012年は区割り変更によりアリゾナ6区からの出馬を目指したが、共和党の予備選で他の現職新人議員に敗れ、再選は果たせなかった。

参照[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ジョン・シャデッグ
アリゾナ州選出下院議員
アリゾナ州第3選挙区

2011年1月3日 – 現在
次代:
現職
儀礼席次
先代:
マイク・ポンペオ
R-カンザス州
アメリカ合衆国の儀礼席次
406番
次代:
ジム・レナッチ
R-オハイオ州